想定通り動かない時には…

■EAの場合
・ご確認事項
まず、よくある質問の「〇制作EAおよび制作後についてのお問合せ」の項目をご確認ください。

同じマジックナンバーのEAを別チャートにて使用していないかご確認ください。

メタトレーダーに最初から付属している「Moving Average」というEAが正常に動作するかご確認下さい。

お使いの業者の最小ロット単位をご確認下さい。最小ロット単位が0.1Lot(=1万通貨単位)の業者ではロットが0.01ですとエントリーされません。

目視で売買条件に当てはまっていても数値は条件未達成の場合があります。MT4画面右側のデータウィンドウにてローソク足とインジケータの数値が確認できます。実際の数値にて売買条件が達成されているかご確認ください。

複数の時間足の価格データ・インジケータを使用するEAの場合は、一度対応する通貨・時間足のチャートを開いて価格データを取得してください。バックテストの場合、テスト期間の対応する時間足の価格データがないと正確にバックテストされません。

特段の事情がない限りECN業者対応で作成しております。

・原因究明のための送付ファイル
EAが想定通りの動きをしない場合、お客様固有の環境のみで起こるケースも制作経験上多数見てきております。
従って様々な角度から推測しうる原因を一つづつ潰していくために、複数の記録の提出をお願いしております。
また、ひとつづつ記録を出していただくよりも、一度にすべての記録を出して頂いた方が解決する時間が短く、双方の時間を大切にすることに繋がります。
またEAのパラメータをファイルでの送付をお願いしているのも、目視確認よりも正確にその数値での稼働を再現するためです。

従いまして、原因究明のため下記6点全てをメールにてお送り下さい。

1,不具合だと思われる内容
・業者名
・通貨ペア
・起きた時刻(年月日 何時何分まで記載して下さい)
・内容(できるだけ詳細に)売買の不具合ならばポジションの注文番号を明記
・画像(できれば)
保存方法:MT4のメニュー「ファイル」ー「画像として保存」
「画像をオンラインでMQL5チャートサービスにアップロードし、リンクを取得する」のチェックは外して下さい。
「プログラム全面」
を選択してOKボタン。

2,EAのパラメータ設定
・チャートでの使用の場合
EAをセットしたチャートにて「F7」キーまたは右クリックエキスパードアドバイザー「設定」「パラメータの入力」「保存」で保存したsetファイル
もしくは
EAをセット時に「設定」「パラメータの入力」「保存」で保存したsetファイル

・バックテストの場合
「エキスパート設定」(バックテスト画面)「パラメータの入力」「保存」で保存したsetファイル

3,売買履歴(売買がある場合)
・チャートでの使用の場合
1,口座履歴タブ(MT4画面下部)→履歴内容の上で右クリック→「期間のカスタム設定」又は「全期間」「3ヶ月」「1ヶ月」で異常が起きた日を含む範囲を指定
2,口座履歴タブ(MT4画面下部)履歴内容の上で右クリック「コメント」にチェックマーク
3,口座履歴タブ(MT4画面下部)タブ上部にある時間(2つある時間の右側)をクリック
4,口座履歴タブ(MT4画面下部)履歴内容の上で右クリック「詳細レポートの保存」で保存したhtml
(「DetailedStatement.htm」という名前になります)

・バックテストの場合
「結果」タブ(バックテスト画面)→結果内容の上で右クリック→「レポートの保存」で保存したhtml

4,操作履歴タブの内容
・チャートでの使用の場合
画面下部「操作履歴タブ」の項目上にて右クリック「開く」を選択
出てきた「logs」フォルダの異常が起きた日のファイル全て
(ファイル名が年月日になっています)

・バックテストの場合
テスター『バックテスト』時に出てくる 画面下部「操作履歴タブ」の項目上にて右クリック「開く」を選択
出てきた「logs」フォルダの異常が起きた日のファイル全て
(ファイル名が年月日になっています)

5,エキスパードタブの内容
・チャートでの使用の場合
画面下部「エキスパートタブ」の項目上にて右クリック「開く」を選択
出てきた「Logs」フォルダの異常が起きた日のファイル全て
(ファイル名が年月日になっています)

6,メタトレーダーのバージョン情報

MT4のメニュー「ヘルプ」ー「バージョン情報」

■インジケーターの場合
原因究明のため下記4点全てをメールにてお送り下さい。

1,不具合だと思われる内容
・業者名
・通貨ペア
・起きた時刻(年月日 何時何分まで記載して下さい)
・内容(できるだけ詳細に)
・画像(できれば)
保存方法:MT4のメニュー「ファイル」ー「画像として保存」
「画像をオンラインでMQL5チャートサービスにアップロードし、リンクを取得する」のチェックは外して下さい。
「プログラム全面」
を選択してOKボタン。

2,インジケーターのパラメータの内容
セットしたチャートで右クリック→「定型チャート」→「定形として保存」で保存した.tplファイル

3,操作履歴タブの内容
・チャートでの使用の場合
画面下部「操作履歴タブ」の項目上にて右クリック「開く」を選択
出てきた「logs」フォルダの異常が起きた日のファイル全て
(ファイル名が年月日になっています)

・バックテストの場合
テスター『バックテスト』時に出てくる 画面下部「操作履歴タブ」の項目上にて右クリック「開く」を選択
出てきた「logs」フォルダの異常が起きた日のファイル全て
(ファイル名が年月日になっています)

4,メタトレーダーのバージョン情報

MT4のメニュー「ヘルプ」ー「バージョン情報」