メタトレーダー4 Build 509から600へのVerUPに関して

メタトレーダー4(以下MT4)が一部でBuild 509から600にVerUPにされています。(ペッパーストーン、FXDDにて確認)

VerUPすることにより、EAやインジケーターを格納するフォルダが
EAなら「C:\Users\〜\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\〜\MQL4\Experts」
インジなら「C:\Users\〜\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\〜\MQL4\Indicators」
となる模様です。

ちなみに、取引システム「terminal.exe」とメタエディタ「metaedotor.exe」の双方に /portableを付けることで
MT4のインストールフォルダ\MQL4\Experts や\Indicators以下でEAやインジケーターを格納すればよいようになります。

具体的には、デスクトップ上のショートカットに /portableを付けることで解決します。

上記の事柄が図解で下記ページに有ります。
英語ページですが図をみればわかるようになっています。

http://forum.mql4.com/60555

※お知らせ:この件に関しまして、先日@i.softbank.jpのアドレスでお問い合わせを頂きましたお客様にお知らせします。
送信控えが届いていない場合、再度メールアドレスをご確認の上、お問い合わせをお願い致します。


Posi_Mail(ポジション監視・メール送信ツール)配布開始

ポジションのエントリー、指値・逆指値の変更、決済をメールする
「Posi_Mail」
を配布開始しました。

どなたでも無料で自由に使用できます。

ダウンロードしてEA(Expert Advisor)や口座状況の監視に自由にお使いください。
※広告付き

【特徴】

・シンプルな設定
・メール送信機能がないEA(自動売買プログラム)でもこれを使えば監視ができる
・どのEAのポジションが
・複数のマジックナンバーをまとめてひとつのEAとして指定できる

詳しくはこちらのページをご覧ください

ダウンロードはこちら→ポジション監視・メール送信ツール Posi_Mail(ポジ・メール)

————————————————————————————————-

個人使用・商用利用問わず、Posi_Mail は『無料で自由に使用』できます。
————————————————————————————————-


EA標準機能の追加について

EA制作を承った時の標準機能について追加をしました。

内容としては、、、

同じ時間の足で2回以上エントリーしない(ご希望があれば無料で追加)

というちょっとしたものなんですが、成績を左右する重要なものだと思っています。

ロジックによっては、そのままだと決済(エクジット)した途端にエントリーが入ってしまい、
すぐ決済→エントリーを繰り返していまうことがあります。

エントリーは、インディケーターの値を最新の足ではなく、一つ前の足の値を用い、
決済は、最新の足の値を用いる場合は、決済した途端にエントリーしてしまうことがあります。

なぜなら、エントリーは最新の値に関係なく一つ前の足の値によって行われるので
一つ前の値で成立していればエントリーしてしまいます。

そこで、次の足からエントリーを判定すれば、現在の足でエントリー→決済を繰り返されることもありません。

これはちょっとした工夫ですが成績には結構な影響をあたえるかと思います。

この工夫をご希望があれば無料でさせて頂きます。
あなたの投資活動にお役立て頂ければ幸いです。

ウィンスクエアクラブ公認 EA作成代行 西川浩平


EA標準機能について

EA制作を承った時の標準機能を、料金体系のページに付け加えました。

エントリ・決済・指値逆指値の設定の際に、リトライを行い、
注文をできるだけ通すようにEA制作を行なっております。

FX取引では、市場の急変時や商いが薄い時などは、
注文が通らないことも多いです。

これらのことを考慮せずに、注文送信回数を
1回だけとしているEAを無料・商用問わず結構見かけます。

それがエントリならまだしも決済時でしたら致命的です。
損切りがされずにポジションが残ったままとなります。

あなたのEAでそのようなことを起こることを想像してください。。。
ぞっとすると思います。

このようなことが起こらないよう、
豊かな経験に基づき私はEAを制作しています。

ウィンスクエアクラブ公認 EA作成代行 西川浩平